飲食店営業許可イメージ画像

深夜酒類提供飲食店とは

深夜酒類提供飲食店とは、スナックやバーなど深夜(午前0時から日の出までの時間)において、客に酒類を提供する飲食店を営むものをいいます。 (ラーメン、牛丼屋など、通常主食と認められるものを提供する営業を除きます。また、ホステス等の接待を伴う営業も除かれます。この場合は、風俗営業の許可が必要となります。)

深夜に酒類の提供を行う営業をする場合は、先に食品営業許可を取得した上で、必要な書類を添えて営業を開始しようとする10日前までに、管轄警察署(窓口は生活安全課)を経由して、都道府県公安委員会に「深夜酒類提供飲食店営業開始の届出」をしなければなりません。

◆店舗設備の要件

・客室一室の床面積が9.5㎡以上であること (客室の数が1室だけの場合は、制限はありません)
・客室に見通しを妨げる設備を設けないこと
・風俗を害する恐れのある写真、公告物、装飾その他の設備を設けないこと
・客室の入り口に施錠の設備を設けないこと (但し、営業所以外直接通ずる客室の出入り口については、この限りでない)
・客室の照度が20ルクス以上であること
・騒音又は振動が条例で定める数値に満たないために必要な構造・設備を有すること
・ダンスをする為の構造・設備を設けないこと
◆開業する場所の制限
以下に該当する場所では深夜酒類提供飲食店の営業を行うことはできません。

・第一種低層住居専用地域
・第二種低層住居専用地域
・第一種中高層住居専用地域
・第二種中高層住居専用地域
・第一種住居地域
・第二種住居地域
・準住居地域

※第一種住居地域、第二種住居地域及び準住居地域のうち公安委員会規則で定められた地域を除きます。


▼まずは、こちらからお気軽にお問い合わせください。

飲食店営業許可申請のご案内

予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!

飲食店営業許可申請のお申込み

トップページへ

このページの先頭へ