集乳業を行いたい場合には、許可なく行ってしまいますと、営業停止となり、行政処分や処罰の対象とされる場合があります。

 

この際に必要となる許可が、食品衛生法に基づく営業許可の必要な34業種の中の「集乳業許可」になります。

この許可を取るためには、都道府県知事が定めた製造施設、製造設備などの基準に適合しなければならず、製造場所の所在地を管轄する保健所で基準等の確認が必要となります。

それでは、この「集乳業許可」の定義とは、一体何なのでしょうか?

集乳業許可」の定義は以下のとおりとなりますので、確認してみましょう。

集乳業の定義】
① 生牛乳又は生山羊乳を集荷し、これを保存する営業をいいます。
② 農協などにおいて、冷却器により冷却した水槽のみ保有し、酪農業者の生乳を輸送缶のまま水槽につけて保管し、一定の時間を定めて乳処理業者がトラックで集荷、運搬するような形態の行為は対象とはなりません。
 ア 冷却水槽内に酪農業者の生乳を輸送缶のまま保存する場合。
 イ 管理人は農協、組合などの職員が当たり、生乳集荷時に来て秤量記載の事務をとる。
 ウ 輸送缶の洗浄、殺菌は乳処理上にて行う。
 エ 持参生乳が少ない場合は合乳する。
集乳業」の施設の基準としては、食品衛生法に基づく営業許可共通の基準以外に次のような「集乳業」としての基準がありますので、確認してみましょう。
集乳業の業種別基準】
① 施設には乳取扱室を設けること。
② 乳取扱室は、他の場所と壁、窓又は戸により区画されていること。
③ 乳取扱室には、清掃がしやすく、かつ、じんあい等が落下しない構造の天井を設けること。
④ 乳取扱室の内壁は、床面から1メートルまでは、耐水性材料で、清掃又は洗浄をしやすい構造であること。
⑤ 乳取扱室の床は、耐水性材料で造られ、平滑で、清掃又は洗浄をしやすい構造であること。
⑥ 乳取扱室の作業面における照度を100ルクス以上に保ち得る照明設備を設けること。
⑦ 乳取扱室には、手指の消毒設備又は消毒器具及び流水式手洗い設備を設けること。
⑧ 乳取扱室には、ねずみ、昆虫等の侵入を防ぐ設備を設けること。ただし、乳取扱室の周囲にねずみ、昆虫等の侵入を防ぐ設備があるときは、この限りでない。
⑨ 乳取扱室には、食品、添加物、器具又は容器を保管するための保管庫又はふた付き容器を備えること。
⑩ 乳取扱室には、食品、器具又は容器を洗浄するための流水式で、下洗いと仕上げ洗いを区分して行うことができる設備を設けること。
⑪ 乳取扱室には、食品に直接接触する器具又は容器の殺菌又は消毒ができる設備を設けること。
⑫ 乳取扱室には、水蒸気、熱気、煙等を排出することができる動力換気装置を設けること。ただし、施設全体で十分な換気又は空調が行われている場合は、この限りでない。
⑬ 乳取扱室には、生乳のろ過装置を設けること。

以上、集乳業許可についての解説です。