2021年6月改正の食品衛生法により、原則全ての食品等事業者が「HACCP」に沿った衛生管理に取り組むことが求められています。

HACCPについては「導入」「認証」というような言葉を目にすることが多いかと思います。

このHACCPの「導入」「認証」違いは一体何なのでしょうか

HACCP「導入」は、HACCPの考え方に則った取り組みを行うこと、そのものを意味します。

その取り組みが「客観的に見て」妥当なものかどうか、認めてもらうことを「認証」と言います。

この「認証」は、自治体や業界団体の行う適合証明とは異なり、第三者機関による審査を受け、「仕組みとしてCodex HACCPの基準に則りHACCPに基づいた衛生管理をしている」と、客観的に認めてもらうことです。

このHACCP認証取得については義務ではないので、あえて認証を取得しなくてもよいのではと考える方がいるかもしれませんが、HACCPを導入し認証取得するのには以下のようなメリットがあります。

【HACCP導入のメリット
・ 従業員の衛生管理への意識の向上
・ リスクマネジメントを考慮しての営業
・ 国の求める制度化への対応               など

以上のようなことに、法律に則り取り組んでいることを宣言することができます。

上記はHACCPの手法を正しく導入しただけでも得られるのですが、次のメリットは実際に認証を受けなければ得られないメリットになります。

【認証を受けた場合のメリット
・ 客観的な第三者機関の認証を受けることにより、取引先や消費者からより高い信頼を得ることが可能となります。
・ 第三者機関がチェックすることにより、自社だけでは気づかなかった課題が明確になり、一層の衛生管理の改善が進みます。
・ 第三者機関によるHACCP認証が条件となっている企業との取引が可能となります。
・ 第三者機関によるHACCP認証が条件となっている国への輸出が可能となります。

今後は特に、HACCPを通じて、原材料から食料品を製造する企業、運搬業者、製造品を取扱う商店や飲食店などと取引が行いやすくなり、それが結果的に消費者の安心へとつながる点は、何かしらの食品営業許可を取得されている方、また今後と取得される方にとっては大きな利点と言えるでしょう。